日本全国から厳選した自然素材を25種も使用したCoyori(こより)の美容液オイル

オイルと美容液の二層式で、日本人女性の皮脂に近づくよう4種の植物オイルを厳選配合しているので、劣化・減少しがちな皮脂を補い、肌の潤いを閉じ込めてくれるアイテムです。

Coyori製品企画担当中原さん

株式会社JIMOS

製品企画担当 中原さん

今回は、そんなCoyoriの美容液オイルを製造・販売している株式会社JIMOSのCoyori製品企画担当・中原さんに、美容液オイルの特長や、なぜ皮脂ケアが大切なのかを伺いました。

公式サイトを見る

1.Coyoriの美容液オイルってどんなもの?

Coyori美容液オイル

e-cosme:私自身40代になってから肌の乾燥やハリ不足を感じるようになり、「美容液オイルってどうなんだろう?」と思っていました。

今日の取材では美容液オイルのことやその効果など、いろいろお話を伺えるのが楽しみです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

中原さん:そうなんですね。こちらこそ、よろしくお願いします。

 

e-cosme:早速ですが、Coyoriの美容液オイルはオイルと美容液が2層になったものなんですよね。オリーブオイルやココナッツオイルのような純度100%の美容オイルとは、どう違うのでしょうか?

中原さん:まず、純度100%の美容オイルは、原料別に大きく分けて、石油由来・植物由来・動物由来の3種類があります。

純度100%の美容オイルは1つ1つ使用感や肌への効果が異なるので、自分に合ったオイルを探すことがポイントです。

使用感別では、こってりオイルは浸透するまで時間がかかるものの、一度浸透すれば留まりやすいのが特長で、粉を吹くような超乾燥肌さんの保湿ケアに向いています。

サラサラオイルは肌にスーッとなじむので、ベタつきにくく、どんな人にも使いやすいのが魅力です。毎日の保湿ケアやブースターに適しています。

 

e-cosme:単一原料の美容オイルでも十分ということですか?

 

中原さん:乾燥を防いだり、肌を保護したりするだけなら、どんなオイルでも満足できるでしょう。

でも、紫外線によるダメージや年齢サインをケアしたいなら、不飽和脂肪酸を多く含む植物由来のブレンドオイルがおすすめです。

肌の表面からすみずみにいきわたるので保湿効果が高く、肌をふっくら柔らかくします。

そして、植物由来のオイルに美容液をブレンドした「美容液オイル」は、全体的な肌悩みをケアしたい方、オイルケアではべたつきが気になる方におすすめです。

お手入れ前に振って使う2層式の美容液オイルなら、美容液とオイルが混ざり合いながら伸び広がるので、オイルとは思えないみずみずしい使い心地を味わえます。

うるおい補給と密封が同時にできるのも魅力です。また、加齢肌に必要な不飽和脂肪酸を中心に飽和脂肪酸もバランスよく補えます。

 

e-cosme:美容液オイルは、加齢にともなって増える全体的な肌悩みをなんとかしたい人に適しているのですね。

一口に美容液オイルと言っても、ブレンドする原材料の種類や量によって、使用感や効果効能は違うのでしょうか?

 

中原さん:はい、オイルやブレンドする原材料の種類によっても異なります。2層式オイルならオイル層・美容液層の割合によっても使用感・効果も大きく変化します。

Coyoriのオイル層は、ツバキ種子油、オリーブ果実油、コメヌカ油、ユズ種子油の4種の植物オイルを肌本来の皮脂に近づくようにブレンドしているのが特長です。

パッケージのロゴマークも「椿、オリーブ、柚子、米」がモチーフになっているんですよ。

それぞれの植物オイルの効果はこちらの表にまとめました。

◆植物オイルの効果

名称 理由
ツバキ種子油 不飽和脂肪酸を含み、肌になじみやすい。皮脂を補い肌の潤いを高める。
オリーブ果実油 古くから美容・食品などに広く用いられており、保湿効果に優れ、肌荒れを防ぐオレインを豊富に含む。
コメヌカ油 皮脂を補うほか、美肌や若々しさを保つといわれるビタミンEやγ-オリザノールを含む。
ユズ種子油 皮脂に必要な脂肪酸はもちろん、リモニンなどの美肌成分が豊富に含まれる。

 

中原さん:Coyorinの美容液オイルには、これら4種類のオイルを含め、日本全国各地にスタッフ自ら足を運び厳選した自然素材を25種も使用しています。

 

e-cosme:4種類のオイルはいずれも皮脂を補う性質があるものばかりですね。

 

中原さん:はい、Coyoriは「スキンケアとは皮脂をケアすること」だと考えています。

2.なぜ、皮脂をケアすることが大切なの?

 e-cosme:スキンケアとは皮脂をケアすること……ですか。Coyoriが誕生したのは2010年とのことですが、当時、皮脂ケアの重要性はそれほど一般的ではなかったですよね?

 

中原さん:そうですね。Coyoriの美容液オイルが生まれたのは、姉妹ブランドのお客様から「もっと肌に優しい商品が欲しい」とご要望いただいたのがきっかけです。

日本人の肌を研究して分かったのは、日本人は欧米人に比べて皮ふ(表皮)が薄く、皮脂が多いという特徴でした。

表皮が薄いとバリア機能が弱く紫外線や乾燥などの刺激を受けがち。それでも日本人の肌がきめ細かく、しっとりして若々しくみられるのは、皮脂膜がバリア機能をサポートしているためです。

ところが、皮脂の分泌量は20代をピークに減少。さらに年齢肌では質が変化して粘り気がでるため、皮脂膜がムラになります。

目元や口元などエイジングが深まる部分こそ、皮脂が足りなくなるのです。

そこで目指したのは、日本人の皮脂に近い美容オイルをつくること。皮脂に近い美容オイルなら、肌によくなじんで皮脂と混ざり合い、肌本来の皮脂膜の形成をサポートすることができます。

当初は若々しい皮脂に近い疑似皮脂膜を作ろうとしたのですが、単一オイルでは求めているものがありませんでした。

そこから試行錯誤を重ね、4種の植物オイルをバランスよくブレンドすることで疑似皮脂膜を作ることができました。

皮脂の減少・質の劣化による肌悩みを抱えた日本人女性に自信を持っておすすめできます。

 

e-cosme:皮脂が変質して粘り気が出ることも、目元や口元の皮脂から足りなくなることも知りませんでした。

皮脂は余分なもので取り除くべきもの、というイメージがあったのですが、私たちの肌を守ってくれているのが皮脂だったんですね。

 

中原さん:はい。オイルフリーのケアなど一時流行っていましたが、ふっくら潤いあふれる肌には「油分」「水分」のバランスが不可欠。

多すぎても少なすぎても肌に悪影響があるため、日々の美容液オイルでのケアで「オイルコンディションを整える」ことが大切です。

3.なぜ、Coyoriの美容液オイルは二層式なの?

Coyori美容液オイル

e-cosme:化粧水で水分を補うだけでなく、油分も適切に与えなくてはいけない、ということがよくわかりました。

でも、やっぱりオイルを肌に塗ると、テカテカ・ベタベタしてしまうのでは、と少し気になります。

 

中原さん:Coyoriの美容液オイルは、オイル=べたつくというイメージを払拭するような、軽い付け心地なのにしっかり潤う新感覚の商品です。

年齢肌に必要なオイルを配合し、美容成分を肌奥(角質層)まで浸透させるために、二層式であることにこだわっています。

一般的なジェルやクリームでは配合できるオイル量が限られてしまうのですが、二層式にすることで年齢肌に必要な量をたっぷり補えるのです。

また、振って使うことでオイル層が美容液層を包み込み、肌表面はべたつかず肌奥(角質層)まで浸透。さらに油分と水分を振って乳化させるため、肌負担となる界面活性剤の無添加を実現しました。

使うたびにボトルを振る。その一手間で美容液オイルは完成します。

 

e-cosme:界面活性剤無添加なら、敏感肌でも使えそうですね。

 

中原さん: はい、敏感肌な方にこそお試しいただきたい商品です。

毎日使うものだから、安心して使用していただけるようCoyoriは自ら高い無添加基準を設け、肌への負担となる成分はできるだけ排除しています。

具体的には、パラベン・石油系鉱物油などの添加物を11種無添加*にしています。

*パラベン・石油系鉱物油・石油系界面活性剤・シリコン・合成香料・タール系色素・紫外線吸収剤・殺菌剤・合成酸化防止剤・旧表示指定成分・動物由来原料は無添加。

 

4.Coyoriの美容液オイルの正しい使い方は?

Coyori美容液オイル

e-cosme:Coyoriの美容液オイルの正しい使い方を教えてください。

 

中原さん: 美容液オイルはオイル・乳液・クリームの役割がある1本3役のため、化粧水と美容液オイルの2本でケアが完了します。

化粧水を塗布後、白濁するまでよく振り、500円玉大を1回手に取りお肌に優しくなじませます。

朝のみの使用や、使用量が少ないと、必要な皮脂が補えず効果が期待できないことがあるので、朝晩の使用がおすすめです。

プラスαの使い方として、気になる目元・口元・ほうれい線には美容液オイルを重ね塗りしている方もいらっしゃいます。

オイルとは思えないみずみずしい使い心地という感想を多くいただいておりますが、それでもべたつきが気になるときは、 量を少量にするのではなく、2~3回に分けて使う時間差付けを試してみてください。

Coyori美容液オイル

e-cosme:美容液オイル1本でどれぐらい持ちますか?

 

中原さん: 朝晩使用いただいて、20mLボトルで約1ヶ月分、40mLで約2ヶ月分です

 

e-cosme:開封して油が古くなると「油焼け」してしまうのではないかと気になるのですが、美容液オイルはその心配はありませんか?

 

中原さん: 美容液オイルの使用期限は未開封の場合製造から3年間、開封後は推奨使用期間で使い切ることをおすすめしています。

油焼けは、紫外線や熱などが原因となり、お肌の上でオイルが酸化してしまうことによって起こる現象です。油焼けが起こると、シミやくすみ、色素沈着の原因になるリスクも……。

しかし、油焼けは不純物を含んだ石油系鉱物油が原因の一つなので、精製度が高い商品を選ぶと油焼けの心配はありません

むしろ、上手に選べば紫外線ダメージケアができ、夏場のインナードライがケアできるオイルもあります。

 

e-cosme:Coyoriの美容液オイルは植物由来で、石油系鉱物油・石油系界面活性剤・タール系色素なども無添加だから、油焼けの心配はいらないのですね。安心しました。

5.どんな人におすすめ? お得な購入方法は?

Coyori美容液オイル

e-cosme:お話を伺って、単一原料の美容オイルと美容液オイルの違いやCoyoriのこだわりが理解でき、漠然と抱いていたオイルへの不安も解消されました。

日本人の肌に合ったスキンケアであることはわかったのですが、この美容液オイルは特にどんな人に向く商品なのでしょうか?

 

中原さん:さきほど「スキンケアとは皮脂をケアすること」と言いましたが、その観点から、美容液オイルは皮脂の「量と質」が変化する30歳以降の女性におすすめです。

  • スキンケアを変えていないのに以前より乾燥する
  • 肌がつっぱるのにTゾーンはテカッている
  • ファンデーションののりが悪い
  • 笑った後の目尻のしわが気になる

これらに 1つでも心あたりがあったら、皮脂のコンディションが乱れているのかもしれません。

ぜひ、美容液オイルでのケアでお肌の水分と油分のバランスを整え、ふっくら潤いあふれる肌を取り戻していただきたいですね。

 

e-cosme:悲しいことに、1つではなく3つほど心当たりが……。私もさっそく美容液オイルを試してみたくなりました! なにかお得な購入方法はありますか。

 

中原さん:Coyoriでは、初めての方限定のお得なキャンペーンを準備しています。

Coyoriトライアルセット

トライアルセットなら「基本ケアの化粧水・美容液オイルと、スペシャルケアのクリーム」が約2週間分で、79%OFFの1480円(税込)、さらに送料無料です。

「本当ににべたつかないのか、ちゃんと潤うのか」は、やはりご自身のお肌で実感していただくのがいちばんなので、ぜひトライアルセットで試してみてください。

 

e-cosme:約2週間分で1480円(税込・送料無料)なら、試しやすいですね。

 

中原さん:美容液オイルは、良質な成分をギュッと詰め込んだ本当に良いものなのですが、スキンケアにオイルを取り入れたことがない方には、使用感や効果がイメージがしづらいかもしれません。

なので、実際にご自身のお肌で、美容液とオイルが混ざり合いながら伸び広がるみずみずしい使い心地を確かめていただきたいです。

これまで美容液オイルをお使いになったお客さまからは、たくさんの嬉しいご感想が届いています。

もちろん効果の感じ方には個人差がありますが、10年以上にわたり58万人*を超える多くのお客さまにご愛用いただいているのは、それだけこの商品が日本人女性の肌に合っているものだからではないかと、ひそかに誇らしく思っています。

 

e-cosme:今日は貴重なお話をありがとうございました。

*2018年5月31日時点の購入者数

公式サイトを見る

 

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。