毎晩のクレンジングで肌が乾燥してボロボロ、美容液でメイクを落とせたらいいのに・・・・・・。そんな一人の女性の思いから生まれたマナラのホットクレンジングゲル。

  • 7つの無添加で肌にやさしいのにしっかり落とせる
  • メイク落としでありながら美容液成分を91.3%配合
  • 温感ゲルで毛穴汚れもスッキリ落ちてダブル洗顔不要

と、一般的なクレンジングとはずいぶん異なる特長を持つ商品です。

決して安価なわけではないのに累計1,500万本*も売れているのは、実際に使ってうるおいを実感できたり、悩みが解消されたりした女性が「これからも使い続けたい!」とリピーターになる割合が高いから。

*2020年6月時点

株式会社ランクアップ商品開発部の佐々木さん

株式会社ランクアップ

商品開発部 佐々木さん

今回はそんなマナラのホットクレンジングゲルを製造・販売している株式会社ランクアップ商品開発部の佐々木さんに、商品の特長や期待できる効果について伺いました。

 

公式サイトを見る
マナラインタビュー取材

(*本インタビュー取材は、2020年9月下旬にオンラインで行いました。)


e-cosme:初めまして。今日の取材では、「美容液クレンジングって一体どういうもの?」「肌にやさしいのに本当に毛穴の黒ずみが落ちるの?」など、マナラのホットクレンジングゲルについていろいろと伺いたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

 

佐々木さん:ランクアップ商品開発部の佐々木です。こちらこそ、よろしくお願いします。

 

マナラ

 

e-cosme:マナラの公式サイトやパンフレットには、社員の女性たちの写真がたくさん載っていますよね。佐々木さんもそうですが、みなさん、笑顔が素敵で、とてもいきいきされている印象を受けました。

 

佐々木さん:ありがとうございます。マナラのスローガンは、「肌を変える。人生が変わる。」です。

私を含めて、自社製品が好きで使い続けている社員がとても多いのですが、やっぱり女性って、肌の調子が悪いと外に出たくないし、人前に立ちたくはないですよね。

弊社の社員たちが自信を持って仕事ができているのも、肌の調子が良いからだと思います。私は入社して10年経ちますが、ホットクレンジングゲルを使い続けているおかげで10年間乾燥知らずです。

バッキバキの乾燥肌だった私がこうして人前で話せるようになったのも、肌に自信が持てるようになったから。私自身、マナラで肌が変わり人生が変わった一人なんです。

 

e-cosme:つややかなお肌の佐々木さんを見ていると、そんなひどい乾燥肌だったなんて、とても信じられません。

美容液やクリームなど与えるスキンケアではなく、クレンジングでそんなに肌が変わるなんて、ますますホットクレンジングゲルに興味が出てきました。
 

1.マナラのホットクレンジングゲルってどんなもの?

マナラのホットクレンジングゲル

 

e-cosme:最初に、マナラのホットクレンジングゲルがどんなものか教えてください。

 

佐々木さん:マナラのホットクレンジングゲルは、もともと代表の岩崎の「老けたくない」という思いから生まれた製品です。そのころの岩崎は肌が乾燥してボロボロで、実年齢よりも10歳も老けて見られてショックを受けたこともあったとか。

クレンジングはメイクを落とせればいいと思っていたけれど、調べていくうちに、実はその強い洗浄成分(石油系界面活性剤)が肌を傷つけていることを知って、落とすだけではなく、うるおいを残すことを大事にして開発したのがマナラのホットクレンジングゲルです。

 

e-cosme:当時は美容液でメイクを落とす製品はなかったのですか?

 

佐々木さん:はい、当時はクレンジングといえば「取る(落とす)」ためのもの。「取って突っ張らない」をアピールする商品が多かったので、石油系界面活性剤を使用せず、美容液成分90%以上の肌にやさしいクレンジングは、とても画期的でした。

 

e-cosme:石油系界面活性剤は使い続けると肌にダメージを与えると言われていますよね。

 

佐々木さん:はい、石油系界面活性剤に頼ったクレンジングは、汚れ落ちがいい反面、肌に残るべきうるおいまで落としてしまうので、肌にやさしくないのです。

マナラは、汚れ落ちはいいのに肌が乾燥しない”魔法のようなクレンジング”を目指し、洗浄成分には肌にやさしい植物由来の界面活性剤を最小限配合しています。

安心・安全な成分を厳選して、石油系界面活性剤だけでなく、着色料、合成香料、鉱物油、エタノール、パラベン、紫外線吸収剤も一切使っていません。

この「7つの無添加」は、創業以来マナラがずっと大切にしていること。

これは開発の裏話ですが、実はホットクレンジングゲルは、少し配合を変えると安定性が崩れて分離してしまい、品質が保てないんです。

とてもデリケートなので、リニューアルをするときは1~2年かけて配合をいろいろ変えて、崩れないように試行錯誤しています。

クレンジングって、界面活性剤などの成分をたくさん入れれば安定するんですよ。だから、肌へのやさしさに目をつぶれば、いくらでも安定するように改良できるのですが、マナラはそれをしません。

ホットクレンジングゲルの一番良いところは、肌のうるおいを守りながら、やさしく、界面活性剤に頼らずメイクや汚れを落とせること。

だからこそあのしっとり感が生まれるので、「7つの無添加」はどうしても譲れないんです。

着色料・合成香料・鉱物油・石油系界面活性剤・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤は無添加。

2..肌にやさしいのにメイクや汚れを落とせる理由は?

マナラのホットクレンジングゲル

 

 e-cosme:マナラのホットクレンジングゲルが従来のクレンジングとは違って強い洗浄成分を含まないこと、肌へのやさしさにこだわって『7つの無添加』を実践していることはわかりました。

でも、それでメイクや毛穴の汚れがちゃんと落ちるのでしょうか?

 

佐々木さん:強い洗浄成分が入っていないにもかかわらず汚れをしっかり落とす仕組みは、3つあります。

  1. 温感ゲルが肌をじんわりあたため毛穴をゆるめる
  2. 1000分の1ミリメートルのマイクロサイズのゲルが毛穴汚れを分解し毛穴の奥まで入り込み除去する
  3. 粘度のあるゲルのロールアップ効果で汚れをしっかりと絡めとる

ホットクレンジングゲルを両手のひらで軽くすりあわせるとポカポカしてくるのですが、これはゲルに含まれる植物由来の保湿成分グリセリンの性質です。

グリセリンがじんわり肌を温めて角質や毛穴をゆるめ、メイクや汚れを取りやすくしてくれます。

ホットクレンジングゲルは、肌にのせたらとろけるようなクレンジングではありません。ゆっくりマッサージをして、くるくるとなじませて、メイクや汚れを絡め取っていきます。

 

e-cosme:お風呂やサウナに入って体が温まると毛穴が開く感じがしますが、それと同じ理屈ですね。でも、毛穴がゆるむだけでは、奥にある汚れは取れないでしょう?

 

佐々木さん:はい、ゆるめた後が肝心です。ホットクレンジングゲルの粒子は1000分の1ミリメートルのマイクロサイズとものすごく小さいので、ゆるんだ毛穴に入り込んで、毛穴汚れをしっかり吸着します。

ホットクレンジングゲルって、ちょっとこっくりした質感でしょう。このこっくり感がポイントで、極小のゲルが汚れに吸い付き、巻き取ってくれるんです。

 

e-cosme:巻き取るというのは、貼って剥がす角栓はがしパックのようなものですか?

 

佐々木さん:いいえ、剥がすパックは必要なものまで全部ベリッと取ってしまいますから。そうではなく、例えば”スライム”をイメージしてみてください。

子どもがスライムで遊んでいると、その弾力と粘性で床や溝のほこりや汚れを巻き取って、いつのまにかスライムが薄汚れていた、という経験をお持ちの方もいるかもしれません。

ホットクレンジングゲルの”ロールアップ効果”も、それと同じです。スライムがほこりや汚れを巻き取っても、床材を剥がしちゃうなんてことありませんよね。

 

e-cosme:確かに。スライムをイメージすると、肌に負担がかからない理由がわかります。

 

佐々木さん:そうなんです。だから洗浄成分をすごく少なくしても、温感効果、ゲルの小ささ、そして巻き取り効果でしっかりとメイクを落とすことができるんです。

ときどきお客さまから「もっとやわらかくならないの?」とお声をいただくのですが、やわらかくすると、洗浄力(汚れを巻き取る力)が落ちてしまうんですよね。

ホットクレンジングゲルはあのこっくりとした形状が重要なんです。

世の中には肌にのせるだけでとろけてメイクとなじむクレンジングもありますが、するっと素早く落ちることが必ずしも良いわけではありません。

するっと落ちても、その後ダブル洗顔をするなら結局時間もかかるし、肌の負担にもなるので、それならホットクレンジングゲルでゆっくりくるくるしてほしいなと思います。

 

e-cosme:ダブル洗顔をしなくて洗浄成分が肌に残らないのですか?

 

佐々木さん:ホットクレンジングゲルの粒子はとても小さく、水と触れる部分が多いので、水といっしょにスーッと流すことができます。肌離れもよく、肌に残ることはありません。
 

3.洗い上がりがキュッキュしないって本当?

マナラのホットクレンジングゲル

 

e-cosme:ホットクレンジングゲルは、肌のうるおいを守りながら、やさしくメイクや汚れを落とせるとのことですが、クレンジングで、取ること(引き算)だけでなく、与えること(足し算)が行われていると思ってよいのでしょうか?

 

佐々木さん:スキンケア化粧品ではないので、化粧水やクリームほどの入れ込み(足し算)ではありません。

でも、くるくるとなじませて肌に乗せている時間が長いぶん、ゲルに含まれている美容液成分が浸透してくれるようにはできています。

 

e-cosme:「うるおいを守る」というのは、もともと肌にあるうるおいを残すことと、ホットクレンジングゲルに含まれる美容液成分がうるおいを与えることの両方なのですね。

 

佐々木さん:その通りです。ですので、初めて使った方の中には、「洗い上がりがすっきりしない」という方もいらっしゃいます。

本来のうるおいをしっかり守った上に、さらにうるおいを与えて、肌に美容液成分が残るのでなんとなくトゥルッとするんです。

従来のクレンジングって、こう「すっきり、キュッ!」とするものが多いじゃないですか。

ホットクレンジングゲルにはそういう感覚はありません。それこそが肌に美容液が残っている実感値なのですが、初めて使うと「何かが残っている気がする」とおっしゃる方もいて。

 

e-cosme:「ちゃんと洗えてないのでは?」と心配になるのですね。

 

佐々木さん:はい。私自身も、最初にホットクレンジングゲルを使ったとき、「あれ、洗い上がりがキュッキュしないけど、ちゃんと洗えてる?」って思いましたから。

でも、キュッキュすることって、実は乾燥肌にとても良くないことなんです。

私、いまは肌にツヤがあると思いますが、昔は毎日ダブル洗顔でキュッキュキュッキュと洗っていて、乾燥がひどく、ツヤとは無縁の肌でした。

いくら上からたくさんのスキンケアを付けてもお昼にはパッサパサ、ファンデーションも地割れしてしまったほど。

それが、ダブル洗顔をやめてキュッキュさせないようになってから、肌がうるおって、調子がとても良くなったんです。

年齢を重ねていく中で、毎日キュッキュと全部取り去るのは、本当に良くなかったなと実感しました。

いまでは、ホットクレンジングゲルの洗い上がりでないと逆に気持ち悪いと感じます。使い続けるうちに同じように感じるお客さまも多いようです。


e-cosme:キュッキュする=しっかり洗えた気がしていたのですが、良くなかったとは。「美容液成分○○%配合!」と謳っているのに洗った後に肌がキュッキュする商品もあると思うのですが・・・・・・。

 

佐々木さん:何を美容成分にカウントするかはその会社の判断によりますが、洗った後にキュッキュするなら、石油系界面活性剤が多く入っていることが考えられます。

マナラのように保湿目的で美容液成分が91.3%も入っていたら、洗った後はしっとりするはずですから。

 

e-cosme:生まれつき乾燥しやすい肌質というのはあると思うのですが、お手入れ方法によっても変わる部分が大きいのでしょうか。

 

佐々木さん:生まれつき乾燥肌という方もいらっしゃいますが、本来そこまで深刻な乾燥肌ではないのに、ダブル洗顔の習慣によって乾燥がひどくなったり、敏感になったりするケースもあります。

乾燥すると、スキンケアで足りないものを与えなくちゃ、と感じるかしれませんが、あれもこれもと足すより、まず落とすこと、つまりクレンジングの部分を変えてみてください。

普通なら洗った時点で肌の水分量はマイナスになってしまうのですが、それをマイナスにしないことがどれだけそのあとのスキンケアに影響してくるか・・・・・・。

クレンジングは毎日しますから、10年間続けたらその積み重ねは相当なものです。うるおいを取ってしまうクレンジングでは、うるおいを入れて取って入れて取っての繰り返し。

皮ふの一番上の皮脂膜はクレンジングで取れても3~4時間で復活しますが、その下の角質層のうるおいは、ごそっと取れてしまうと修復に時間がかかるんです。

洗浄力の強いクレンジングで毎日うるおいを取ってしまうか、それとも取らずに守り続けるかで、年月を重ねたときに大きな差が出ます。

特に敏感肌の方は、肌のバリア機能が崩れている状態なので、さらにバリア機能を崩すものではなく、守ってくれるようなクレンジングを使うのがおすすめです。

 

4.ホットクレンジングゲルの正しい使い方は?

マナラのホットクレンジングゲル

 

e-cosme:マナラのホットクレンジングゲルの正しい使い方を教えてください。

 

佐々木さん:まず、乾いた手のひらに直径2.5㎝程度出し、両手のひらを軽くすり合わせてやわらかくしてから、指の腹を使ってくるくると円を描くようにメイクとなじませます。30秒~1分ほどですね。

その後、水に近いぬるま湯でなじませながら十分にすすぎ流します。ダブル洗顔は不要です。
 

マナラのホットクレンジングゲル

 

ゲルがぽかぽかするのは、保湿成分のグリセリンが空気中の湿気と合わさった反応です。手に出したゲルに「はぁ~」と息をかけてあげると、より温かさを感じることができますよ。

お風呂のような湿度の高い場所での使用もおすすめです。

 

e-cosme:使うときに何か気をつけた方がよいことはありますか?

 

佐々木さん:はい、2つあります。1つめは必ず乾いた手で使うこと。濡れた手で使うと本来の効果が発揮されないからです。

2つめはすすぎのときに熱めのお湯を使わないこと。肌の必要なうるおいまで過剰に取り過ぎて、乾燥やしわの原因になってしまいます。

また、いくら黒ずみが気になるからといって、洗いすぎ、こすりすぎは逆効果です。

力を入れてゴシゴシすると、乾燥したり、摩擦が刺激になったりしてしまうので、やさしく、くるくると円を描くようにマッサージすると良いですね。

 

e-cosme:メイクをしていない日もホットクレンジングゲルを使った方がいいですか?

 

佐々木さん:メイクをしていなくても、日焼け止めを少しでもつけたらクレンジングは必ずしてください。

ノーメイクで日焼け止めも使っていないのであれば積極的に使う必要はないですが、使って悪いことは全くありません。一日一回使うのなら夜がおすすめです。

5.実際に使った人の感想と、期待できる効果は?

マナラのホットクレンジングゲル

 

e-cosme:マナラのホットクレンジングゲルの愛用者はどんな方々ですか?

 

佐々木さん30代~50代の女性が中心で、一番多いのは40代です。

成分的にも大人の肌向けというか…エイジングケア*により成分をたくさん配合しているので、しっとりした洗い上がりがその年代の女性からご好評をいただいています。

単にメイクを落とすだけなら、ドラッグストアの安いクレンジングでも落とせるでしょう。

ホットクレンジングゲルは、メイクや汚れを取りながらもうるおいを守ってエイジングケア*までできる商品なので、年齢が上がってきてからのほうが、「あ、クレンジングで違うな」と思ってくださる方が多いのかなとは思います。

30代~40代以降の乾燥肌・混合肌の方、毛穴に悩んでいる方は違いを感じやすいですね。

(*エイジングケアとは年齢に応じたケアを指します。)


e-cosme:ホットクレンジングゲルを実際に使った方の感想を教えてください。

 

佐々木さん:早いと、「一週間くらいで毛穴がきれいになってきた」という方もいらっしゃいます。「透明感がでてきた」「乾燥しにくくなった」という感想もとても多いです。

洗ってすぐにしっとりしているのはもちろんなのですが、使い続けるようになって、一日を通して「あ、最近乾燥していないな。」と感じられるのが大きな変化だと思います。

 

e-cosme:透明感というのは、古い角質など肌の余分なものを取り除いた結果でしょうか。

 

佐々木さん:それもありますが、それまで強い洗浄料を使い続けて肌のバリア機能が崩れていた場合、肌の生まれ変わり、すなわちターンオーバーが乱れていることが多いんです。

でも、肌にやさしく、うるおいを守って洗うホットクレンジングゲルを使い続けることで、バリア機能が整い、ターンオーバーが正常になり、その結果、肌の状態が良くなって透明感が出てくるといったほうが正確かもしれません。

肌の基礎力が上がったような感じですね。ターンオーバーが正常になると、ちゃんとしたうるおいを自分で作れるようになるんです。

ターンオーバーの副産物として角質層のうるおいができあがるのですが、角質層にうるおいがたっぷりあると肌がワントーン明るくなったような印象になります。透明感は角質層のうるおいで決まるんです。

使い続けることによって肌機能が正常になり、角質層がうるおいで満たされるから透明感が出てきます。

もちろん、マナラを使い続けることによって毛穴汚れがスッキリすることでもきれいな印象になりますが、角質層がうるおっていると全体的な透明感に目が行くようになるんです。

 

e-cosme:毛穴も気になりますが、年齢を重ねると肌悩みは増えるので、肌の基礎力が上がるというのは嬉しいですね。だいたいどれぐらいでそうした効果を感じるのでしょうか。

 

佐々木さん:肌状態によって個人差はありますが、1本(約2か月間)使い終わるころに肌が変わったと実感する方が多いです。

「肌が変わった」「透明感が出た」「ファンデーションもうひとつ明るくしようかしら」というお電話をいただくと、とても嬉しくなりますね。

6.まとめ

マナラのホットクレンジングゲル


e-cosme:お話を聞かせていただいて、マナラのホットクレンジングゲルの特長はもちろんですが、いままで肌に良いと思ってやってきたことが実は良くなかったり、がんばる部分を間違えていたりすることに気づけました。

ちょっと聞きにくいのですが、マナラを使ったけれど効果が実感できなかったというケースもあるのでしょうか?

 

佐々木さん:はい、肌状態は個人差があるので、中にはご満足いただけない方もいらっしゃいます。

ひとくちに毛穴の黒ずみと言っても、ただ脂が酸化して黒ずんでいるのか、角栓がガチガチになって脂が絡んでいるのかによって、取れやすさは違うので・・・・・・。

「毛穴の汚れはまだ取れないけれど、肌の調子は良いのよ。」という感想をいただくことがあります。

そういう方が、毛穴への効果はまだ感じられないものの、洗った後のうるおいや肌のハリが気に入って使い続けていたら、後から毛穴への効果を実感できた、ということが実はけっこうあるんです。

使い続けて肌状態を良くしていくことで汚れもたまりにくくなるので、1~2回使って毛穴の黒ずみが取れないからといって、そこで諦めてしまうのではなく、もう少し使って、肌が変わっていく様子を観察してほしいと思います。

 

e-cosme:最初にほかの変化が感じられて、毛穴への効果は後からということもあるのですね。

ホットクレンジングゲルは1本が200g入り(1日1回使って約2か月分)なので、やはり2か月間は使ってみるのが良いのでしょうか。

 

佐々木さん:はい、2か月使うと実感ができて、継続して使い続けたいと思ってくださる方が多いです。

ただ、すべての人に反応が起こらない化粧品はないので、使っているうちに肌に合わないと感じたり、何か不安なことがあったら、使用をやめて美容相談室に電話してください。

45日の全額返金保証があるので、もし合わなければ返品もできます。
 

マナラのホットクレンジングゲル

 

e-cosme:すごく良さそうだなと思うのですが、少しお値段が高い気がします。

 

佐々木さん:1本の値段だけを見るとそう感じるかもしれませんが、2か月分の量なので、「日割り計算して考えると、意外と高くないのね」というお声もいただけています。

そして、繰り返しになりますが、ホットクレンジングゲルは単に落とすだけではなく、美容成分をたっぷり配合したクレンジングです。

取ったうるおいを補うために、別でスキンケア化粧品をあれこれ買うことを思えば、決して高すぎはしないのではないでしょうか。

また、初回定期便キャンペーンなら20%オフで購入でき、送料も無料です。プレゼントとして、7日分のスキンケアサンプルセット(洗顔・美容液2種)もついてきます。

もちろん45日間の全額返金保証付きで、○回以上買わなくてはならない、といった定期便の縛りはありません。

 

e-cosme:それなら安心して試せそうです。

 

佐々木さん:私が昔ひどい乾燥肌でツヤがなくパサパサだった話をしましたが、年を重ねたぶんを差し引いても、10年前の肌より断然いまの肌のほうが好きです。

ツヤがあると肌の印象って変わるんですよ。ツヤがあるだけで、若々しくきれいに見えますから。

肌の乾燥や毛穴の黒ずみなどに悩んでいる女性に、ぜひマナラのホットクレンジングゲルを試していただきたいです。自分も使い続けて本当に良いと思っている商品なので、自信を持っておすすめできます。

 

e-cosme:お話を伺って、佐々木さんや社員のみなさんが輝いている理由がわかった気がします。今日はどうもありがとうございました。

 

公式サイトを見る

 

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。